ソニー「α7R Ⅳ」を発表。世界初6100万画素センサー搭載のフルサイズミラーレスカメラ

SONYが2019年7月16日23時にフルサイズデジタル一眼レフカメラ「α7R IV」を発表しました。有効画素数はフルサイズミラーレスカメラとしては世界初の6100万画素となっており、前モデルから2.5倍の増加となっています。2019年9月発売で価格は約38万円です。

 

α7R IVの主なスペック

 

・35mmフルサイズ6100万画素のイメージセンサー搭載

・15ストップのダイナミックレンジ

・5.5段の5軸ボディ内手ぶれ補正

・秒間10コマの連写速度

・567点位相差AF測距点。カバー率は74%

・人間も動物も認識するリアルタイム瞳AF。

・リアルタイムトラッキングAF

・576万ドットのUXGA有機ELファインダー

・接続性と操作性の改善

・4K30p動画撮影に対応、S-Log2/3、HLG

・アップグレードされた防塵防滴

・グリップの改善

・USB-CとWi-Fiでの高速データ転送

 

「α7R Ⅲ」からの変更点では前モデルでは4240万画素であったのが6100万画素となりより高画素化と画質の向上を実現。またAFの性能も向上しており測距点が399点から567点と画質とAFが全体的に向上されていて、写真や映像の向上に期待できます

また、電子ビューフェインだーも576万画素に高解像化されフレームレートの変更も可能、フレームレートを「高」に設定することにより120fpsで駆動し、より被写体を高速で捕らえやすくなっています。

 

α7R IVで撮った写真が凄すぎる

 

高解像度撮影性能を強化された6100万画素で撮影された作品をこちらで見ると綺麗すぎて、開いたページをびっくりして思わず閉じてしまうほどの繊細さ。

 

 

切り取って拡大すると見事な高繊細さ。

 

 

ピクセルシフト撮影を使うことによって連写した画像を合成して高解像度化し、新たに16枚の合成を実行してさらに高繊細な2億4000万画素で撮影できるとのこと。

 

こちらの写真も見てみると

ここまで繊細に見えます。

 

2億4000万画素がホントにすごい。ヤバい。

 

今まで発売されているレンズは全て対応

 

 

レンズマウントはソニーのEマウントとなっており今までのすべての52本のレンズは利用可能となっています。

 

音声のデジタル信号対応

 

ついに音声もデジタルオーディオインターフェースを発表しデジタル信号に対応しました。

 

さらに新型のショットガンマイク「ECM-B1M」も同時に発表されました。

8つのマイクロフォンとデジタルシグナルプロセッサーが搭載されており、より細かな音声と音質の向上が期待されます。

 

 

2019年9月発売で価格は約3万9000円となっております。

 

発売までまだ時間あるよ。

 

「α7R IV」の発売は2019年9月。

あと2カ月で38万円貯めれば全然買える!、、、と思いたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください