DJI、ミラーレスカメラ用の片手持ちスタビライザー3軸ジンバル「Ronin-SC」を発表

 

 

DJIは2019年7月17日にミラーレスカメラ用の片手持ちスタビライザー3軸ジンバル「Ronin-SC」を発売しました。標準版のメーカー小売価格は税込51,300円で周辺機器がセットになっているProコンボでは税込62,100円となっています。

Ronin-SC」はボディの重量が1.1Kg「Ronin-S」に比べて41パーセントの軽量化を実現。積載重量も最大2Kgに対応しており片手で操作できる携帯性に優れたジンバルとなっています。

またバッテリー駆動時間も11時間で長時間の撮影にも有効、さらに幅広いカメラやレンズに対応しています。

Roninシリーズでは初の試みでアクティブトラックを搭載。Roninアプリと連動させることによりモバイル端末を使用して被写体を自動で追従します。

自動撮影機能としては「パノラマ」「タイムラプス」「モーションプラス」「モーションコントロール」などの高度撮影機能がたくさん搭載されています。

 

 

 

Ronin-SCの主な機能

「パノラマ」滑らかで自動制御された撮影により、比類なき品質と精度を備えたパノラマ撮影を実現。

「タイムラプス」安定したフレームで、日が落ちる瞬間や花が開花する様子などを撮影して、時間の経過を表現できる。

「モーションプラス」ジンバルの滑らかな動きが加わることにより、ひと味違ったタイムラプス映像を撮影することができる。

「モーションコントロール」カメラワークの軌道を作成すると、必要なときに希望するフレームでいつでも繰り返し撮影することができる。

ActiveTrack 3.0

Ronin-SCでは、Roninシリーズで初めてアクティブトラック技術が搭載されています。スマートフォンをカメラ上部に取り付け、RoninアプリとRonin-SCがシームレスに連携することにより、滑らかで正確なジンバル動作をいつでも実現できるので、集中して、思い描いた通りに撮影することができます。

Force Mobile
 
Ronin-SCで初めて登場するForce Mobileは、カメラワーク制御システムForce Proのアプリ版になります。スマートフォンを傾けたり回転させたりすると、遅延のほとんどない状態でジンバルを制御でき、 直感的にスムーズで表現力のある撮影を実現します。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください