「e元素」格安で白いメカニカルな光るゲーミングキーボードをレビュー

コンパクトで10キーレスなメカニカルキーボード、さらにLEDで光る。

キーの入力が楽しくなる青軸のクリック感がゲームや作業がより楽しくなります。

そんなわけで、コンパクトでおしゃれな「[e元素] 格安で白いメカニカルな光るゲーミングキーボード」に書いていきます。

コストパフォーマンスと機能の両方を取り揃えたおすすめできるキーボードなので気になっている方は、参考にどうぞ。

e元素メカニカルキーボードの外観

e元素の外箱のパッケージはシンプルに作られており、価格のために切り詰められたデザインとなっています。

本体はテンキーレスでコンパクトにまとめられており、US配列の81キーに納められています。

キーキャップの質感もサラサラした感じで触りごごちも気持ちいい。

裏面もシンプルで底面の4箇所に滑り止めのゴムが取り付けられており、

出し入れ可能な角度調整できる足も付いています。

キーキャップとスイッチ取り外し用のプーラーと

交換用のキースイッチが5つ入っています。

e元素メカニカルキーボードの特徴

e元素のキーボードはスイッチの種類を選べますが、今回はクリック感が気持ち良い青軸を選択しました。

キースイッチの軸にはCherryMX製ではなく廉価版のOutem製となっています。

MASA
MASA

PCの前でキーボードをカタカタするのがたのしい。

予備のキースイッチは5個入っており、取り替え可能な構造。

タイピングの音が高めの音で、クリック時には音が広がりやすく大きめの音に感じるため、

オフィスなど周りに人がいる場合は、赤軸なら静かなのでそちらを選択しましょう。

USBケーブルは脱着可能で、USB-Cタイプになっています。

ケーブルは1.8mとそこそこ長く、太さがあります。

ケーブルがネズミ色で残念ですが、白に合わせて欲しかった。

デスクの形状や配置場所によってはケーブルが邪魔になりそうですが、

ケーブルは左右と中央それぞれに取り回しでき、

USBケーブルの配線は配置しやすくなっています。

キーボードの角度を変えられる調整スタンドに滑り止めも付いていて、作業中でもキーボード自体が滑ることはありません。

キー自体も高い場所にありますが、角度をつけることにより、タイピングはしやすくなりました。

e元素メカニカルキーボードのRGBライティング

e元素LEDのライティングはカスタマイズ可能で、光るパターンや色を自由に変えることができ、

光のパターンは全部で10種類も変更可能。

単色で光らせたり、ライティングを消すこともでき、シーンによって使い分けもできます。

LEDのパターンや明るさの調整はFN+ボタンで変えられます、変更方法は以下の表を参考に変更しましょう。

FN + PGDNバックライトモード変更(10種類)
FN + “↑” / “↓”バックライトの明るさ調整 
FN + “←” / “→”アニメーションの速度調整 
FN + “+” / “—”単色を変更(白、紫、青、シアン、緑、黄、赤)
FN + “Windowsキー”キーボードロック

e元素のLEDのバックライトはムラもなく綺麗に光ります。

キーと本体から漏れる光がほどよく、見ていると気持ちが上がりますよね。

スイッチは透明になっていて、基板についているLEDの光を拡散して光らせています。

キーキャップ自体の発色も綺麗で文字もより鮮明に光ります。

単色での光もいい感じ。

さまざまなパターンがたくさんあるため飽きがきません。

カスタマイズ性があるので

自分好みの光らせ方を探すのも楽しみの1つ。

e元素メカニカルキーボードのレビューまとめ

本記事は「[e元素] 格安で白いメカニカルな光るゲーミングキーボード」について書きました。

e元素メカニカルキーボードは有線で青軸81キーの10色変更可能なLEDバックライト搭載のメカニカルキーボードです。

RGBのLEDと交換可能なメカニカルキーを搭載している実用性高いキーボードになっています。

[自作PC]ピカピカ光るゲーミングPCをコスパ重視で組む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください