世界最小・最軽量のミラーレスカメラ「SIGMA fp」が発表!使う人本位のデジタルカメラ

 

SIGMAから世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス一眼カメラ「SIGMA fp」が2019年7月11日に発表されました。

有効画素数は2,460万画素、35㎜フルサイズベイヤーセンサーを搭載したコンパクトなボディーに多彩な交換レンズやアクセサリーを付け替えることが可能となっています。

 

SIGMA fpが提案する、7つの撮影スタイル

 

 

「SNAP STYLE」

 

小型軽量のボディを活かし、本格撮影を気軽に楽しめるスナップスタイル

 

「PORTRAIT STYLE」

 

本体付属のホットシューユニットを使用することでクリップオンストロボが利用可能になり、さらに別売りのサイドグリップを使用することで、より確実なホールディングが可能になります。

顔 / 瞳優先AFを併用すれば、動きのあるポートレート撮影も自由に楽しむことができます。

 

「STREAMING STYLE」

 

パソコンとUSB接続をするだけで、ウェブカメラと同様に使用可能。映像だけでなく音声も同時に入力できます。ライブストリーミングにフルサイズカメラならではの最高画質を提供します。

 

「FIELD STYLE」

 

カメラ本体の防塵防滴機構や、専用ビューファインダーなどの専用アクセサリーにより、晴天から雨天まであらゆる環境において撮影に集中することができます。SIGMA fpでは、Lマウントレンズでは全14種類、SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21を使用することで一眼レフ機用のレンズを含めた合計43種類のSIGMA製スチル用レンズを使用可能(2019年7月時点)

様々なフィールドと用途に合わせた撮影システムの構築が可能となっています。

 

「CINE STYLE」

 

SIGMA fpはシネマカメラライクなユーザーインターフェイスに対応しているので、そのまま映像制作現場で活用することができます。ボディの小ささはシステム全体の小型化にも繋がり、狭い場所での撮影や被写体に寄った撮影など、大きな機材では難しかった映像表現も可能にします。

 

「GIMBAL STYLE」

 

手持ちのジンバルによる映像撮影スタイル。軽い機材は撮影者の負担も低減し、ジンバルの消費電力も抑制します。

 

「DRONE STYLE」

 

ドローンによる空撮スタイル。軽量なボディはドローンの電力消費を抑え、飛行可能時間の延長に寄与します。

組み合わせるドローンは「DJI Matrice 600」と「DJI Ronin-MX」

用途や場面によって使い分けられるカメラ

 

 

多彩な交換レンズやアクセサリを自由につけかえられる変幻自在な拡張性。

カメラ本意やメーカー本意ではなく使う人のことを徹底的に考えられたメーカーSIGMAの本気を感じるミラーレスカメラになっていると思います。

どのように使うかはユーザー次第!こんな場面やあんな場面といろんなイメージをさせてくれてます。

いろいろ考えたら、もう欲しすぎて夜しか眠れない!

さあ。「SIGMA fp」買うために貯金しよう。。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください