飛行機撮影の初心者が機材や撮り方で失敗したこと


こんにちはmasa(@masanabi620)です。

空港に行くことがあり、飛行機の撮影しようかなと行ってみたところ良い写真が撮れていなかったので反省と次回失敗しないために、アドバイスしていきたいと思います。

撮影場所の確認

その日はたまたまカメラを持っていたのでなんとなく飛行機撮影してみようと思って行ってみたのが失敗。

空港の周りには撮影スポットの情報がたくさんあるので事前に調べてから行かないと、結局は飛行場の周りをグルグル捜しながら移動し満足に撮影出来ないで帰ってしまう。

しっかりとスポットを確認してから撮影場所に向かい出来るだけ撮影する時間にまわして貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。

カメラだけでなく他の機材も必要

滑走路を走る飛行機を撮影しようと行ってみたは良いものの、いざ現場に到着すると目の前には高い高い侵入防止柵!

普通にカメラを構えての撮影だと滑走路にいる機体を撮影しようと思うと、どうしてもフェンスが写り込んでしまう。

出来るだけ高い脚立や三脚を事前に準備して持っていく事をオススメしたい。

アップだけの構図は面白くない

飛んでいる飛行機に興奮してシャッターを切りまくり満足感に浸りますが、持ち帰って確認するとあれってなりませんか?

構図を全然考えなくまさにこのパターンでした。雲を入れた構図や木を一緒に映したり何か一緒に写るような事を考えながら撮影するなど意識しながらシャッターを切りベストショットを狙いたい。

飛び立つタイミングがわからない

ワクワクしながら飛行機が来るのを待っているが、ぜんぜん来ない!!

飛行機は頻繁に離着陸しているかと思っていましたが地方の飛行場だと待ち時間が長いです。

それにあっ!来た!と思ったら時はすでに遅し、飛行機はもう目の前でシャッターチャンスを逃すことも多かったです。カメラ持って写真撮ってると思われるのがはずかしい事と外で待機してると暑い!と車の中で待機していたのが失敗で、最低でもどちらから来るのか音で判断したいところ。

まとめ

ついでで飛行機撮影に行った時の事でしたが、出かける前にでも少し思い出して参考になればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください