2020年のiPhone12はトリプルレンズカメラと最大6GBのメモリ容量を搭載か

2020年に発売が見込まれるiPhone12ですがTimothy Arcuri氏とMunjal Shah氏によると、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチとなりメモリが最大6GBとなると予測しています。

背面カメラとRAMの違い

MacRumorsによると4モデルとも有機ELディスプレイを搭載され、各モデルの特徴は下記のように予測しています。

  • 6.7インチ型iPhone:3Dセンシング対応トリプルレンズカメラ、6GBのRAM搭載
  • 6.1インチ型iPhone:3Dセンシング対応トリプルレンズカメラ、6GBのRAM搭載
  • 6.1インチ型iPhone:デュアルレンズカメラ、4GBのRAM搭載
  • 5.4インチ型iPhone:デュアルレンズカメラ、4GBのRAM搭載

カメラの使用とRAMの容量はアナリストの予想が一致

iPhone12のカメラ構成はApple情報で定評のあるMunjal Shah氏の予想と一致し、またiPhone12のRAMの容量はBarclaysのアナリストが予測したものと同じ内容になっています。

UBSは、米国、ドイツ、日本、中国、英国で9,000人を超える消費者を対象に調査を行ったところ、スマートフォンをアップグレードする価値があるものと回答されており。5Gは、2020年にハイエンドiPhoneの重要な機能になると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください